日本男子に多い包茎は病気?治る?

外国に比べ日本は包茎の男性が多いそうで、なんと、7割の日本男子が包茎とのことです。
その理由の一つが外国に多い子供のころに行われる割礼の儀式で、このような風習が日本にはありません。

割礼とはペニスの先端を切って亀頭をむき出し状態にする儀式ですが、ユダヤ教、イスラム教、アフリカ原住民に多く行われています。
つまり、割礼とは包茎手術をしているようなもので、外国では子供のころに行っているのです。
だから日本では包茎の男子が多いということなのです。

Mr.ヘルスィ
Mr.ヘルスィ

割礼は男子だけでなく女子にもある。女子の割礼はアフリカ赤道直下の国に多く民族古来のもので悲惨なものだと聞く。
Wikipedia:女子割礼

では、包茎とは病気なのでしょうか?

包茎は病気ではないが感染症のリスクが大きい

包茎は病気ではありません。もし病気なら日本男子7割が病人ということになってしまいますよね。

しかし、程度にもよりますが包茎は不衛生になりやすく亀頭包皮炎や性病などの感染症のリスクが高いため、矯正したほうが良いというのが医学的な見識です。

包茎には3種類あり気をつけねばならないのは2つ

包茎の種類は次の3種類で、気をつけなければならないのは②と③です。

仮性包茎
仮性包茎

①仮性包茎
ペニスの先端が皮でおおわれているが手で簡単に剥けたり勃起したら剥ける状態。包茎の約9割がこの仮性包茎と言われていますが仮性包茎でも程度の差があります。

真正包茎
真正包茎

②真正包茎
平常時でも手で剥けない包茎です。常に皮が冠った状態なので亀頭の間に恥垢が貯まり雑菌が繁殖して悪臭や包皮亀頭炎などの病気のもとになります。

カントン包茎

③カントン包茎
真正包茎と違い手で皮はむけますが、包皮口が狭いため首を絞めた状態になる包茎です。勃起時には皮が元に戻らなくなり、締め付けられた亀頭がうっ血して壊死する可能性があります。

この3種類の包茎で特に気をつけなければいけないのは②と③で、早急に矯正が必要です。
しかし、仮性包茎はそのままでも大丈夫かというとそうでもありません。

仮性包茎でも平常時は常に皮が冠っている状態なら衛生上よくなく、感染症などの恐れがあります。

数十年前にあった野球部員の感染事件

かなり前のことですがある野球部の合宿での事件です。練習後の入浴が原因と言われていますが野球部のほぼ全員がペニスの性感染症「尖圭コンジローマ」になってしまったのです。

治療に当たった某大学病院では包茎で雑菌が繁殖したことが大きな要因と診断しました。
事態を重く見た監督は大学病院で予防のためのマニュアルを作成して貰って部員に実行してもらい、それ以降はそのような事件は起きていません。

このように包茎は衛生上良くないので常に亀頭を露出するようにして矯正をする必要があるのです。

ドクターX
ドクターX

仮性包茎の男性は常に亀頭をむき出しにして綺麗にしておくことを心がけて下さい!
真正包茎やカントウ包茎の方は一刻も早い手術が必要です。
仮性包茎でも常に皮が冠った状態の人は手術をお勧めします。

包茎手術は痛い?リスクは?

包茎手術は進歩しており切らずに接着する手術もありますが、接着が取れることもあるようなので切ったほうが確実でしょう。

包茎手術のリスク

①後遺症が残る場合がある
手術後の痛みがひどいとか、縫合が不完全で尿道欠損になる例がありました。下手な医師に運悪く当たると怖いですね。

②性感が悪くなる
手術法によりますが、切除場所によっては性感に影響する場合があります。元には戻らないので弱りますよね。

③禁欲期間が長い
痛みが引くまで禁欲が必要ですが、およそ1ヶ月間性交もオナニーもできません。

包茎の手術に健康保険はきくの?

結論から言うと真正包茎とカントン包茎は保険適用になります。病気のリスクが高いからでしょう。
しかし、仮性包茎は保険適用外なので自費になります。

肝心の費用は手術法で違いますが、50,000円~150,000円ぐらいです。
費用の差は縫合する糸の材質と見た目や性感を損なわないようにするといった術法の違いによるものですが、一概に高いから良いというものでもありません。
手術する際は手術内容をしっかり確認してからしましょう。

女医 ふる
女医 ふる

手術は恐いなあ・・・

自分で治せないかなあ・・・

前に述べた野球部員のマニュアルは実際に歴代の部員たちの包茎を矯正した実績があります。
しかし、このマニュアルはすでに商品化されているのでここで公開はできません。

気になる方はこちらのサイトをご覧ください。
 >>> 自宅で治す 包茎治療 ペニス増大|メディカルワークアウト(医師監修)

コメント

タイトルとURLをコピーしました