健康を維持するための原則

ドクター

健康な状態を維持していたいとは誰でもが思います。しかし、何もしないで健康が維持できるはずがありません。

このサイトは日常生活で健康を維持するための知って得するような情報を配信していきます。 このサイト知らないと損しますよ!

健康のために必要な条件は3つ

人は不慮の事故に合ったり、病気になった時に初めて普段の健康だった毎日がいかに幸せであったかを感じるといいます。

不慮の事故は避けられない運の悪い出来事かもしれませんが、病気になってしまうのは普段の生活に何か問題が合ったのかもしれません。

あなたの毎日すごしていた生活の中に、健康的に良いとはいえない習慣がないかチェックしてみましょう!

では健康の3つ条件とは・・・

バランスの良い食事

1:栄養バランスの良い食事

毎日コンビニ弁当ばかりや外食ばかりだとどうしても好きなものに偏ります。また、野菜を摂る量も少なくなりがちですから必ず野菜もとるようにしてください。
食事は朝、昼、晩と規則正しく取りましょう。特に朝食は大事ですから、抜かないように!寝る前の間食はなるべく避けましょう。
タバコは百害あって一利無し!喫煙者は禁煙に挑戦してください!無理ならせめて節煙をしましょう。

 

メディカルフードは蛋白、糖質など制限食の宅配サービスです
適度な運動

2:適度な運動

運動をすることは自律神経に良い影響を与え、腸の活性化につながり、基礎代謝を上げる効果があります。散歩など軽い運動でも良いので1日20分程度身体を動かしましょう。ラジオ体操のような全身を動かす運動は科学的にも理にかなった運動ですからお勧めです。運動は生活習慣病の予防にもなります。また筋肉や体の機能を衰えさせないためにも重要です。適度な運動は血流を促し、酸素が全身にめぐり、体に刺激が入ります。

 

質の良い睡眠

3:質の良い睡眠

睡眠中には身体を休めると同時に身体の修復、記憶の再構築、肌の新陳代謝、子供の成長ホルモン分泌といった重要なことが行われます。そのためには疲れが取れ、朝すっきり目覚めるような質の良い睡眠が必要です。
質に良い睡眠をとるには
①日光に当たる
②適度な運動
③朝昼晩3度の食事をきちんと摂る
④寝る直前は茶、コーヒー、タバコ、酒、間食をしない
⑤寝る前のスマホ、パソコンをしない

これらの5項目を守ってください。

これら3つの条件は読むと簡単そうですが、毎日続けられる人は何人もいないでしょう。しかし、毎日続けることは無理でも、なるべく意識して守るように努力することが大事です。

これら3つの条件以外にも健康に影響を及ぼす重要な項目が2点ありますのでご覧ください。

規則正しい生活

ダッシュする男女

毎日仕事で夜遅くまで仕事をしたり、毎晩接待で酒ばかりのんでいたり、休日は一日中寝ていたり、仕事も大切ですが、健康より大切なものはありません。若く体力があるうちは大丈夫だと思っても年をとるとそのツケが回ってきます。規則正しい生活というのは、毎日決まった時間に起床し決まった時間に就寝するということです。食事も決まった時間にとり、就寝前は間食をしないなどを注意しましょう。

ストレス

ストレスのある人

ストレスは人以外にもありますが、現代人ほどストレスに悩まされる種族はいないでしょう。そしてこのストレスが多くの成人病の引き金となっていることも多くの人の知るところです。ストレスを無にすることは難しいかもしれませんが、発散することを考えることが健康への近道です。発散する方法は運動だったり、趣味だったり自分で見つけなければなりません。

これらを一度にすべてこなさなければならないという訳ではありません。できるところから少しづつでも良いので意識して取り組んでいけば必ず成果は出てきます。

そんなに厳密に考えることは無い

バランスの良い食事、適度な運動、質の良い睡眠、これらは可能ならば毎日できる方がもちろんいいのですが、毎日できなくても1週間単位でできれば結果を出すようにしましょう。

運動は1週間に2、3回でも良いですし、バランスの良い食事も今日野菜をあまり食べれなかったら明日よけいめに摂るというようにしましょう。睡眠も仕事の都合で満足に眠れないときもあるでしょうから、ゆっくり眠れる日を作って疲れをとるようにしましょう。

あまり難しく考えずに自分でできる範囲で始めることと、長く続けることが大事だと思います。誰もが毎日規則正しい生活をしている訳ではありません。たまには飲みに行って遅くなることもあるでしょう。でも、それ以外の日はなるべく規則正しい生活をするようにしましょう!ということです。難しくはありませんよね。

まとめ

健康を維持するためには地味な方法ですが、ここに記載されている方法が一番効果的です。薬などは対処療法にしかなりません。薬を飲むようになってからでは遅いのです。

健康のためにサプリメントを飲む人も多いですが、サプリメントは補うという認識に留めて、それだけに頼ってはいけません。

Mr.ヘルスィ
Mr.ヘルスィ

これからでもまだ遅くはありません!あなたも今日から健康維持のための行動を始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました