脂質とは?飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸について

食品に含まれる油脂とは油=室温で液体のもの脂=室温で固体のもののふたつに分けられます。

人間が食品から摂取する油脂はエネルギー源になったり細胞膜の構成成分になったり体温調整やビタミンの吸収を助けるなど重要な役割があります。

脂質とは油脂や中性脂肪、コレステロール、脂肪酸、グリセリンなどを合わせた総称を示します。

Mr.ヘルスィ
Mr.ヘルスィ

脂質とは食品の油脂や消化後の中性脂肪やコレステロールなども含めた総称で三大栄養素の一つです。

脂質は大きく分けて2つ!飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸

脂質は大きな分類では飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2通りに分けられます。

飽和脂肪酸:エネルギーとして使われる。赤身肉、牛脂、乳製品に多く含まれ代表的な食品はバター、ラード、生クリームなどがある。摂りすぎると悪玉コレステロール(LDL)を増やす。

不飽和脂肪酸:植物油や魚油に多く含まれ一般的に体に良いとされている。不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、トランス脂肪酸に分けられる。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸はエネルギーとして使われ、赤身肉や牛脂、乳製品に多く含まれます。代表的な食品はバター、ラード、生クリームなどがあります。飽和脂肪酸は摂りすぎると悪玉コレステロール(LDL)を増やし、内臓脂肪や肥満の原因になるため食生活に注意が必要です

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸トランス脂肪酸の3つがあります。
一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸悪玉コレステロールを抑え善玉コレステロールを増やす健康に良い脂質です。

トランス脂肪酸は健康に悪いのか?

不飽和脂肪酸のなかでもトランス脂肪酸だけは悪玉扱いです!なぜならトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを減らすといわれているからなのです。
そのため動脈硬化、心筋梗塞のリスクが高くなるといわれています。また、がん、糖尿病などへの影響も疑われています。

トランス脂肪酸は植物油に水素を添加して工業的に加工したもので、マーガリンショートニングファットスプレッド及びその加工食品があります。トランス脂肪酸を含む加工食品は沢山あります。
カップ麺、パン、ケーキ、スナック菓子、コーヒークリームなどは代表的な食品です。

しかしトランス脂肪酸は加工品だけではなく牛肉やバターなど自然界にも存在します。
本当にトランス脂肪酸は体に悪いのでしょうか?

ドクターX
ドクターX

現段階ではトランス脂肪酸が本当に体に悪いものなのかははっきりと解明されていません。
今言えることはどのような食品でも食べ過ぎは健康によくありません。トランス脂肪酸も食べ過ぎなければ特別に心配することは無いというのが最近の考えです。

Mr.ヘルスィ
Mr.ヘルスィ

トランス脂肪酸を摂りすぎると動脈硬化になりやすいといわれているが、摂りすぎれば飽和脂肪酸も同様でいろんな疾患の元になります。
トランス脂肪酸が問題視されたのは外国の方で、スナックや揚げ物が肥満の原因と問題視されたことがきっかけらしいですぞ。

朝、パンにマーガリンを塗って食べるぐらい全く気にすることは無いと思うけどね。

マーガリンの中にはトランス脂肪酸の量がバターの半分という製品もあるそうです。気になる人はそういった製品を選べばいかがでしょうか?

女医 ふる
女医 ふる

日本ではなぜトランス脂肪酸についての規制が無いかというと、摂取量が外国と比べて数分の一と少ないからです。

一価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸を多く含む食品

トランス脂肪酸と違い一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸は中性脂肪を減らしコレステロール値を下げる働きがあり健康に良い脂質とされています。

一価不飽和脂肪酸

ω9(オメガ9)系脂肪酸と呼ばれ、人間の体内でも生成されます。主な成分はオレイン酸でその他ミリストレイン酸、エイコセン酸があります。オレイン酸を含むオイルは酸化しにくく加熱料理に向いています。
※多く含む食品
オレイン酸:オリーブオイル、キャノーラ油、なたね油、アーモンド、ピーナッツ、アボカド

多価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸はω3(オメガ3)とω6(オメガ6)系に分類されます。
ω3(オメガ3)α-リノレン酸、EPA、DHA
ω6(オメガ6)リノール酸
これらは体内では合成できない必須脂肪酸といって食品からしか摂取できません
※多く含む食品
α-リノレン酸しその実油・えごま油
EPA、DHA青魚
リノール酸大豆油・コーン油・ごま油・紅花油・ひまわり油・くるみ

 

ドクターX
ドクターX

特に多価不飽和脂肪必須脂肪酸と言って不足すると乾燥、脱毛などの皮膚障害や脂肪肝、免疫不全、血栓形成、血小板減少、子供の成長障害、脳の発達障害といった弊害をもたらすので不足しないよう食生活には注意が必要です!

まとめ

脂質は3大栄養素の一つで健康に重要な要素です。脂質は大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸はエネルギーの元になりますが摂取しすぎると肥満や動脈硬化など悪影響を及ぼします。

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸・トランス脂肪酸の3つに分類されます。
トランス脂肪酸は摂取しすぎると良くないといわれていますがはっきりとしたことはまだわかっていません。

人間の体に必要な必須脂肪酸は多価不飽和脂肪酸でこれが不足すると重大な疾患を招く恐れがあります。必須脂肪酸は青魚やしその実油、えごま油などに多く含まれており不足しないよう摂取しなければいけません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました